地震が起きてからはや2日は経過しましたが、芳原(in埼玉)は生きております。

宮城県沖の本震よりも、2度目にあった茨城県沖の地震のほうが
家屋への影響が大きく、
「こいけん!」の生原稿160ページが本棚から飛び出してきて、
相当痛かったです。
そのぐらいで済みました。
 

今回の地震で被災された方もろもろへ、各関係機関から義援金の類が
設けられていたので、
「こいけん!」コミックスの重版分の印税全部を、
各関係機関へ当分割で振りこんでおきました。

これでなんとか少しでも多くの人の力になればと思います。